スラム街 危険度ランキング   


後半にアメリカのスラム街の実体験等を書いてます。

ドラクエ10では隠れスライム フェスティバルが開催中ですね。

全然、違いますがスラ繋がりで何となくスラム街を思い出しました^^;

危険度の一番の要因は経済状況です。
経済状況、政府の統制、歴史背景なども密接に関係してる。

特に南米は経済状態の変動が大きく歴史に翻弄されてるから
物凄く治安の悪い場所が多い。


好奇心や興味本位の軽い気持ちで行くと思わぬ事態になる事もある。

下記に記載してないけどブラジルなども危険地帯が点在してます。

アルゼンチン等も危険な場所はあります。

まず、現在の世界スラム街「危険度ランキング」。

01位:カラカス「ベネズエラ」
02位:サン・ペドロ・スーラ「ホンジュラス」
03位:サンサルバトル「エルサルバドル」
04位:アカプルコ「メキシコ」
05位:マトゥリン「ベネズエラ」
06位:ディストリト・セントラル「ホンジュラス」
07位:ヴァレンシア「ベネズエラ」
08位:パルミラ「コロンビア」
09位:ケープタウン「南アフリカ共和国」
10位:カリ「コロンビア」


少し前まではコロンビアが個人的に一番怖い感じでした。

ベネズエラは原油価格の崩壊と大統領死去が大きな原因。
(元々治安の良し悪しを繰り返してますけどね)

アメリカも貧富の差が大きくスラム街が点在してました。

旧スラム街が劇的に改善された中
旧産業地帯を中心に新スラムが形成されつつあります…。

コンプトンやハーレム等は大きく改善されてるから
現在だと危険な場所って感じがしませんよ。

上記は危険だった時を知りません。
(行った時には既に安全でした)

多少の危険は何処も一緒なので!

数十年遡らないと駄目なんでしょうね。

ユーチューバーの人気者
ジョー君なんかも紹介してるスキッド・ロウ。


ここは現在でも少し危険地帯。

俺が行ってた頃は更に危険度高かったです。

よく映画さながらにバリケードが設置されたりして
ポリスとの小競り合いも多かった。

動画の場所より道2・3本内側に入った場所のが怖いです。
内部だと昼のが怖いですよ。

ジープに横付けされてマシンガン向けられました(実話)
訳の分からない言葉を発せられ睨め付けられる(怖


キャンキャン的な罵倒じゃ無くドスが効いてたなー。

敢えて堂々と普通に歩いてたけど
ショックで倒れそうでしたよ…。

少しでも弱音見せたら何が起きてもオカシク無かったから
一種の防衛本能って感じです。

直感で撃って来ない確信的な感じがありましたけどね。
向こうにもメリット無しですから。

重度のジャンキーでも無差別は滅多に無い。

しかもリトル東京の裏側にある。
観光ツアーでリトル東京に来てる人達とのギャップが凄い(笑

10代の最後に行った場所で可なりの衝撃でしたよ。

人生で数回しか味わえない真の高揚感。
いまだに鮮明に覚えてる。

本当は永住覚悟で行ったので長期滞在しました。
その時、行った友人の2人は現在アメリカで暮らしてる。

アメリカはラスベガスや繁華街を除くと
恐ろしい程、夜間の人口密度が低いです。

スラム街周辺なんてゴーストタウンと思うくらい少ない。

逆にアジア系の夜は物凄く盛んですよ。

スラム街の一例。

落書きが多くなる(結構本格的な壁画も多い)
物乞いが多くなる。(おもにシュガーを集ってくる)
年配の売人などが多くなる。
若年系の強面が多くなる。(本丸付近)
人は少ないが屈強なのが居る場合がある(本丸)


ファーストフード店に浮浪者が多かったらスラム街が近いかも。

アメリカは、このパターンが多い。

南米系スラムだと急にヤバイ場所も多いから、特に、気を付けて下さい!
街全体がある程度危険だと認識してないと駄目。

最後に!

遊び半分では行かない方が賢明です。
無法者ってよりテロや戦場に近い感覚。

スラムに好き好んで住む人なんていません。

人間の光と闇が凝縮した場所であり
ある意味、巨大な何かを全身で感じられる。

生きる事、目の前の時間(リアルタイム)を自然体で考えさせられる空間。

日本のアウトローは、やっぱり日本的ですよ。
ヤクザにしろ半グレにしろ、ある程度の道筋がある。
(組織力や喧嘩の強弱は抜きにして語ってます)


[PR]

by sirunodeai | 2017-09-13 15:22 | ∟ランキング

<< トマト種暴落の原因は何?まさか... 隠れスライム フェスティバルの... >>