人気ブログランキング | 話題のタグを見る

モンスターvs閃光   


皆さん!お久しぶりです。

アプデ以降も1万アクセスを超えたりと
沢山の訪問、本当にありがとう御座います。

復帰したら新ボス攻略など更新しますね。

まだ、引っ越しのバタバタから
完全には解放されてない状態です。

家財道具一式をリフレッシュしたから
色々と時間が掛かってます^^

あと、不思議な事に
このタイミングで思いもよらない旧友から
連絡があったりもし忙しくしてます。
(10年越しで数人から同じタイミング)

なんか
テレパシーを超えて怪奇現象な気分です。

話が脱線しました。

少し日にちが経過してしまいましたが
井上尚弥vsノニト・ドネアの試合は凄かったですね!

結果だけ見たら
ドラマ・イン・サイタマ1と違い
圧倒的な勝利でしたけど感動は同等でした。

ドラマ・イン・サイタマ2も
物凄く凝縮されていた濃いドラマ(生き様)が!

あの空間を作れるのは
濃厚な時間と周り無くして成立しませんね。

少しだけ話が逸れます。

前にも少し書いたけど
改めて親子関係(特に同性)の重要性を再確認。

それと長期的な展望の大切さも。

長いスパンで人生設計すると
普通、どうしても漠然としちゃいます。

長期なのに明確なビジョンを作るのは
最も難しい作業の1つですから。

プラスで
1日1日(日々の積み重ね)を熟知してるのも凄い。

言葉で言うのは簡単だけど
実戦するのが不可能なレベルですよ。

1ミリでも良いので
自分に採長補短が出来たらと思います。

井上尚弥の父(井上真吾さん)が
真っ先にドネアの元に行ったのも
感慨深かったです。

この試合は
ドネアと言う偉大なボクサーが居て
初めて成立するドラマでした。


敗戦後にも
深々とお辞儀する姿や佇まいに
サムライを見ました。

現代、侍って言葉が1番似合う人かも。

接する人「皆」ファンになるんだから
本当に魅力が凄いですよね。

しかも裏表が全く無く
見たままの良い人らしい。

その片鱗は
最後の退場でも出てましたね。

通路で転んだ人に駆け寄り
手を差し伸べ起こす真心。

負けた時にこそ人間力が出るって言うけど
全く、その通りでしたよ。

負けても魅力が色あせない人。

39歳なのに
年齢を感じさせない超人でもある。

第一線で活躍する人の
共通事項とも言えるかな。

最後に!

パウンド・フォー・パウンド(PFP)で
遂に1位になりましたね。

科学的根拠や基準がない指標だけど
それだけ想像、妄想、夢を与えてるって事だし
逆に物凄いですよ。

これからの井上尚弥も
楽しみで仕方ありません。

本当にどこまで行くのだろうか…!

4団体統一×2、6階級制覇などなど
夢は尽きないです。

運よくデビューから見てるけど
年齢重ねても進化が止まりませんね。

デスピサロやサイヤ人並みかも!

ドラクエ10の復帰は
7月半ばにズレ込みそうです。

インしたら
また、遊んで下さい。

by sirunodeai | 2022-06-12 17:48 | ∟出来事

<< 新江ノ島水族館と久しぶりの横浜... 村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキン >>